通販だからバルトレックスが常備できた!知ってる人だけ得をする・ヘルペス自宅治療

ヘルペス通販

バルトレックスの通販なら、自宅でヘルペス治療ができる

バルトレックスは、グラクソ・スミスクライン株式会社から販売されている、ヘルペスウイルスを抑える医薬品です。 性器ヘルペスなどによる症状を改善させる目的で利用されています。 錠剤の他にも、症状や年齢によって、用量が調節しやすい顆粒タイプなどがあります。

ヘルペスも帯状疱疹もこれで治療!バルトレックスについて解説

バルトレックスは、グラクソ・スミスクライン株式会社から販売されている、バラシクロビル塩酸塩を含んだ医療用医薬品です。ヘルペスウィルスによる症状を改善させる治療薬として利用されています。

バルトレックスには、単純ヘルペスウイルス1型・2型や水痘・帯状疱疹ウイルスの増殖を抑える効果があります。

バルトレックスは、ヘルペスの治療薬「ゾビラックス」の改良版です。体への吸収率を高めて、飲む回数を少なくした第2世代の抗ウイルス薬となります。服用タイプなので、注射に比べて安全性が高いことも特長の1つです。大人でも子供でも使うことができます。

ヘルペスは人に言いにくい病気だといわれていますが、放置しておくと症状が悪化してしまう可能性があるので、早めに病院に相談をする必要があります。

一方、ヘルペスウイルスの症状は再発しやすいので、定期的に病院で薬をもらうのは費用面で厳しいと感じる人もいるでしょう。バルトレックスは、通販サイトを利用して購入することもできるので、まとめて購入しておくという人も増えてきています。販売されているのは、42錠タイプと84錠タイプの2パターンです。

バルトレックスの有効成分「バラシクロビル」ははウイルスの増殖を抑える作用をもつ

バルトレックスには、「バラシクロビル」という有効成分が含まれています。バラシクロビルには、体内のウイルスの増殖を抑える作用があります。

ヘルペスウイルスは一度感染すると、生涯にわたって体内に住み着くといわれています。風邪を引いてしまったり、ストレスで免疫が落ちたりして、身体の抵抗力がおちると、再発しやすくなります。少しでも短期間で症状を改善する方法として、早めに薬を服用することが望ましいです。

バラシクロビルは「アシクロビル」という成分の「プロドラッグ」です。プロドラッグとは、体内に入ってから疾患部位に到達するまでの間に、薬効成分が分解されないように化学構造を変換した薬となります。

投与前はほとんど活性化していない状態や、不活性の状態でも、投薬後に体内で代謝されることにで本来の薬効を発揮します。プロドラッグのメリットは、体内への吸収率の向上や、体への負担の軽減、薬の持続時間の延長などです。

バラシクロビルは、投与後にアシクロビルに変換されます。ウイルスDNAの複製を阻害することで、ウイルスの増殖を抑制します。

バルトレックスは錠剤と顆粒の2種類がある

バルトレックスは、ヘルペスウイルスや帯状疱疹ウイルスに有効な薬です。服用することで、ウイルスによる症状を和らげることができます。

バルトレックスの錠剤は大きいため、小さな子どもだとうまく飲めない可能性があります。バルトレックスは、子供や錠剤が苦手な人でも飲めるよう、顆粒タイプの薬も作られています。

顆粒タイプは、小さな粒状の形をした薬です。錠剤よりも飲みやすく、用量を調節しやすいという特長があります。錠剤と顆粒で、効果に違いはありません。飲みやすい方を選ぶことができます。

バルトレックス顆粒50%は、においや味などが気になって、小さな小子供によっては飲めない場合があります。そんなときは、市販の服薬ゼリーやオブラートを使うとよいでしょう。

ヘルペスウイルスの治療は、主に外用薬と内服薬を利用して行っていきます。帯状疱疹の治療の場合は1回1000mgを1日3回、単純疱疹には1回500mgを1日2回投与となります。内服薬は症状や部位によって、投与量や投与期間が変化したり、腎機能や年齢によって用量調節されたりします。

初めて服用するという場合は、自己判断で飲む量を判断せずに、必ず医療機関に相談して服用するようにしましょう。症状や年齢によって、用量調節しやすい顆粒タイプが使われます。

バルトレックスは通販で簡単&お得に買える!

バルトレックスはドラッグストアでは市販されていません。基本的には、医療機関で処方を受ける処方せん医薬品に該当しますが、海外製の商品に限って通販で購入できます。個人輸入代行サービスを活用して通販する方法を紹介します。

バルトレックスが通販できるのは、海外の「個人輸入代行サービス」

バルトレックスは、本来は病院で処方を受けて入手する薬です。医療用医薬品に分類されており、医師の処方が不可欠です。ドラッグストアなどでは市販されていません。

一方、バルトレックスは、通販でも購入可能です。ただし、Amazonや楽天といった、一般的な通販サイトでは販売されていません。バルトレックスは、個人輸入利用することで購入することができます。

個人輸入とは、自分で使うことを目的に、海外の商品を取り寄せることです。

通販を利用して薬を購入するときに注意したいのが薬機法です。
薬機法は「医薬品医療機器等法」の略称で、かつては薬事法と呼ばれていました。薬機法では、薬の個人輸入についても触れられています。

基本的に、個人輸入で取り寄せた薬は、転売・譲渡ができません。自分が使用する場合にのみ、個人輸入ができます。

売買を目的とした商品の輸入は「小口輸入」といわれます。小口輸入には関税がかかりますが、個人輸入には関税はかかりません。

薬の個人輸入は、個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単に手続きができます。

通販サイトで注文したバルトレックスが届く日数について解説

通販でバルトレックスを買えば病院より簡単で安い!

バルトレックスは、日本の病院を利用して購入できます。病院でバルトレックスを処方してもらう場合、診察や検査にお金がかかります。薬の代金に加えて診察料や検査料がかかってしまうため、費用がかさばります。

すでに医師の診断を受けて、特に問題なくバルトレックスを利用できるのなら、通販を利用してバルトレックスを購入するとよいでしょう。

個人輸入代行サイトを利用すれば、日本の病院よりも安価に薬を取り寄せできます。個人輸入でバルトレックスを買えば、診察料や検査料などが必要ありません。

病院では、バルトレックスは治療に最低限必要な量しか処方されません。一方、個人輸入なら1度に複数個購入すること可能です。ある程度ストックしておくと、ヘルペスが再発したときもすぐに対処できます。

個人輸入代行サービスではまとめ買いができます。また、まとめ買いすると料金が割引され、1個あたりの金額が安くなります。

多くの個人輸入代行サイトでは、商品を購入したときに、金額に応じてポイントが付与されます。次回商品を購入するときに割引ポイントとして利用できるのが強みです。

医師からすでに処方せんをもらっているのなら安心して買い物できるでしょう。

個人輸入ではバルトレックスの偽物が出回っている可能性があるので注意!

個人輸入を利用すれば、病院に行かなくてもバルトレックスを購入できます。通院する手間が省け、費用も抑えることができます。1度病院で診察を受け、バルトレックスを使っても問題ないと判断された人は、個人輸入を試してみるとよいでしょう。

ただし、個人輸入を利用するときには注意点があります。

個人輸入で流通している薬には、偽物が紛れています。この偽物はアジア圏内で製造されたものが多く、大半は劣悪な環境で製造されています。

偽造薬には有効成分が含まれていなかったり、病気の治療に関係ない成分が含まれていたりします。偽造薬を使うと、思わぬ健康被害を被る危険性があります。実際に、偽造薬による死亡事故も起こっているので、注意が必要です。

病院で処方された薬が原因で重い健康被害を受けた場合、「医薬品副作用被害救済制度」が適用され、治療費が給付されます。しかし、個人輸入で買った薬によって健康被害を受けた場合、この制度は適用されません。

また、個人輸入代行サイトの中には、お金をだまし取ろうとする悪質なサイトも存在します。バルトレックスの価格は相場が決まっているので、極端に安い金額で販売しているサイトは避けましょう。

安全&お得にバルトレックスを通販!おすすめの通販サイトを紹介

バルトレックスが通販できる個人輸入代行サイト、オオサカ堂・あんしん通販マート・アイドラッグストアーを詳しく紹介します。

創業22年!老舗通販サイト「オオサカ堂」

オオサカ堂は、大手個人輸入代行サイトの1つです。RoyUnionという会社が運営しています。

オオサカ堂は、22年にわたって運営を続けている老舗の通販サイトです。

主に治療薬の個人輸入代行を行っており、多くの医薬品を取り寄せできます。もちろん、バルトレックスも取り扱っています。

販売している商品は単品で購入できますが、複数注文も可能です。複数まとめて買うと割引が適用され、定価よりもお得に購入することができます。

オオサカ堂では、購入金額に応じて会員ランクが上がる「会員ランク&ポイント制度」を設けています。会員ランクが上がるとランクに応じて、ポイント還元率が上がるのが特長です。

一般会員は、1商品あたりの平均獲得ポイントが8ポイント程度です。最高のプラチナランクになれば、平均獲得ポイントは399ポイントにアップします。

オオサカ堂は、購入金額に関わらず送料が無料です。さらに値引き交渉も可能なので、できるだけバルトレックスを安く買いたいならおすすめのサイトです。

まとめ買いの割引率に注目!「あんしん通販マート」

あんしん通販マートは、香港にあるOnline Direct Network Limitedという会社が運営している個人輸入代行サイトです。

日本国内で流通していないものを含めた、様々な医薬品を取り扱っています。もちろん、バルトレックスも販売しています。

あんしん通販マートの強みは、まとめ買いによる割引率の高さです。商品単体の価格の安さでは他のサイトに劣ります。しかし、まとめ買いしたときに割引される金額が高く、場合によっては他のサイトよりも安く買い物ができます。

商品を購入すると、購入金額の5%がポイン還元されるのも強みです。ポイントは1ポイント=1円として、次回以降の買い物に利用できます。

また、あんしん通販マートでは、電話注文も可能です。通販サイトの手続きが苦手な人や、急いで注文をしたいという人におすすめです。

支払い方法は他の個人輸入代行サイト同様、クレジット払いと銀行振り込みができます。

また、安心通販マートではコンビニ決済が可能です。さらに、ビットキャッシュでの支払いを受け付けているのも、あんしん通販マートの特長です。

送料は、購入金額が7000円を超えると無料になります。

大手サイト唯一の国内サイト「アイドラッグストアー」

アイドラッグストアーも有名な個人輸入代行サービスで、こちらはオズ・インターナショナルが運営を行っています。

大手個人輸入サイトの中では唯一、日本の会社が運営しています。

アイドラッグストアーでは、定期購入と呼ばれるサービスを利用可能です。定期購入に1度申し込めば、毎月決まった日に商品が自宅に届くようになります。

また、定期購入を申し込んだ商品は、価格が100円割引されます。同じ商品を定期的に購入する予定のあるものなら、お得に買い物できます。

アイドラッグストアーは、実店舗の営業も行っているのが特長です。アイドラッグマートと呼ばれるもので、20年もの実績を持っているのが強みです。

1回の購入金額が1200円を超えれば、送料が無料になります。ちなみに1200円未満だと、380円の送料がかかります。アイドラッグストアーで取り扱われている医薬品は1200円以上のものがほとんどなので、実質無料と考えてもよいでしょう。

支払い方法は、大手個人輸入代行サイトの中では唯一、後払いが可能です。「いますぐ薬が必要だけど手持ちがない」という人におすすめです。

バルトレックスの値段はいくら?病院処方と個人輸入を比較!

バルトレックスの処方を受けるには、薬代に加えて、診察料や検査料などがかかります。費用を抑えたいなら通販サイトで注文してみると良いでしょう。あんしん通販マートやアイドラッグストアーなどの個人輸入代行サイトで、バルトレックスが購入できます。

バルトレックスの処方にかかる費用はおよそ4,500円!薬代以外のお金がかかる

性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療薬として代表的なのがバルトレックスです。

バルトレックスは、病院で処方されます。

日本の病院でバルトレックスを処方してもらう場合、薬代に加えて、診察料や検査料などがかかります。

その際に請求される金額ですが、診察と処方箋料でおよそ1500円、薬剤料と調剤料で3000円、合計で4500円程度です。この金額は、保険適用により3割負担となった金額です。

診察料には、初めて診察を受けるときに払う初診料と、2回目以降の診察で払う再診料があります。再診料は、初診料よりも安くなります。

上記の金額に加えて、検査料としておよそ1500円請求される場合もあります。

病院や薬局により料金は前後するので、上記の金額はあくまで目安です。

厚生労働省で承認された医薬品は、国によって価格が決められています。医薬品に定められた価格のことを「薬価」といいます。薬価が定められている薬は、どの医療機関で処方されても価格が変わりません。医療機関によって値段が前後するのは、診察料や検査料の違いによるものです。

個人輸入代行サイトでの最安値は1錠130円!

病院を利用してバルトレックス処方してもらおうとすると、薬代の他に診察料や検査料がかかります。また、再発するたびに通院しなければいけません。

ヘルペスの治療費が生活の負担になっている人や、病院に行く時間がとれない人は、個人輸入代行サイトを使ってみるとよいでしょう。

ここでは、大手個人輸入代行サイトで販売されているバルトレックスの値段を紹介します。

オオサカ堂では、バルトレックス1000mgが一箱21錠入りで、3818円で売られています。一粒あたりの金額は約181円です。

まとめ買いするとさらに割引されます。バルトレックス1000mgは1箱で3818円ですが、2箱買うと6108円、3箱で10433円になります。送料は無料です。

安心通販マートでもバルトレックスを購入できます。
バルトレックス1000mgは1箱11680円で売られています。1錠あたりの値段は556円です。

値段はやや高めですが、まとめ買いしたときに割引される額が高めです。また、商品購入時に5%ポイント還元されます。

アイドラッグストアーでもバルトレックスを購入可能です。販売価格は1000mgが1箱3780円で、1錠あたりの値段は180円です。

まとめ買い割引やポイント還元などを利用すれば、さらにお得にバルトレックスを購入できます。

同じ効果でより安い!バルトレックスのジェネリック医薬品を紹介

病院での費用は「薬価」+「診察・検査料」+「調剤料」

病院や薬局でかかる費用は、診療報酬と呼ばれます。

これは医療行為の価格と内容を決めているもので、医療機関に支払われる金額を指します。

すべての医療行為は点数が決められていて、診察や医療処置だけでなく、薬の調剤やリハビリなども該当します。

1点10円で設定されているのが特徴です。

例えば、初診料は282点=2820円と定められています。
病院を受診した場合、診察料の他に、検査料や処方せん料がかかります。また、薬を処方してもらう場合、薬局では薬代の他に調剤料がかかります。これらの費用は、全て、国によって定められているのです。

時間外の診療を受けたときは、加算料金がかかることもあります。

日本では公的な医療保険制度が充実しているので、病院を利用したときの金額は、全額負担する必要はありません。健康保険証を提示すれば割引を受けられます。

ただし年齢により割引率は変化するので知っておくと便利です。
医療負担に関しては、小学校に入学する4月移行から70歳になるまでだと、3割負担が適用されます。つまり、上述の初診料2820円のうち、患者が負担するのは846円です。

保険が適用されない病気の治療や、健康保険に加入していない人が治療を受ける場合、費用は全額自己負担となります。

主な副作用は頭痛!副作用で起こる症状を紹介

バルトレックスの副作用の症状は、治療する病気によって違いがあります。副作用の症状について、病気ごとに見ていきましょう。

単純疱疹では頭痛、眠気などの意識低下、肝機能検査値の上昇が16.1%の割合で起こっています。

単純疱疹と帯状疱疹の治療では、腹部不快感、頭痛が1.1%の確率で確認されています。帯状疱疹の治療での副作用は、疼痛についての調査をおこなったときには、嘔気、嘔吐、頭痛、傾眠という副作用が3.3%です。

水痘の患者が服用した場合、肝障害が1.6%の確率で起こる可能性があります。

造血幹細胞移植の際にバルトレックスを使った臨床試験では、副作用は確認されていません。

性器ヘルペスの再発抑制では、1646例中、481例(29.2%)で、頭痛、嘔気、下痢、腹痛などの副作用が報告されています。

再発した性器ヘルペスの長期調査になると、上部痛、肝機能異常が33%の割合で報告されています。

以上の副作用は、バルトレックスを服用した成人の患者の場合です。小児であれば、器幹細胞移植での副作用が出ないのは同じで、水痘の治療では、肝機能検査値の上昇と便秘が、46%の割合で起こります。特定使用成績調査では、蕁麻疹・下痢が0.8%報告されています。

脳症や腎障害など重い副作用が出ることもあるので注意

ほとんどの副作用は命に関わるものではありません。しかしときには、重い症状がでることもあるので、注意が必要です。

バルトレックスの副作用として、ごくまれに起こりうる重い症状の1つがアナフィラキシーショックです。アナフィラキシーとは、薬の成分に対して体がアレルギー反応を起こすことで、治療どころか命を失う危険もあります。

他には汎血球減少が0.13%、無顆粒球症が0.03%、急性腎不全が0.02%、意識障害や脳症などの精神障害が0.24%の割合で報告されています。

脳症とは、バルトレックスの成分が代謝されないことで、意識や運動などの機能に障害が起きてしまうものです。

頻度は不明ですが、中毒性表皮壊死融解症、呼吸抑制、無呼吸、間質性肺炎、肝炎、急性膵炎が起こることもあります。肝障害も注意しなければいけません。

これらの症状はめったに起こらないので、過度に心配する必要はありません。副作用が怖いからといってバルトレックスを飲まないと、ヘルペスや帯状疱疹が重症化してしまいます。万が一これらの副作用が出たときにはすぐに使用を中止して、医師の適切な処置を受けましょう。

他にもこんな作用が!症状が辛ければ服用を中止して医師に相談

バルトレックスで起こりうる副作用として、肝機能検査値の上昇や光線過敏症、嘔気やめまい、排尿困難などが起こることもあります。

肝機能検査値はその数値を見ることで、肝臓が健康であるのかを調べるものです。異常な数値が出てしまうと正常な検査ができなくなってしまいます。バルトレックスを飲んでいるときに肝臓の検査を受けるときには、気をつけなければいけません

過敏症とは、何かの刺激に対して過剰に体が反応してしまうことです。つまり光線過敏症の場合には、日光を浴びると肌が腫れたり赤くなったりかゆみといった症状が出てくることになります。遺伝や代謝異常が原因で起こることが多いですが、この場合にはバルトレックスの成分によって起きるので「光線過敏型薬疹」といえるでしょう。

日光にあたることで症状が出るものですから、そのままでは外出も気軽にすることができなくなります。サングラスや肌の露出が少ない服を着ることで、反応を起こす紫外線を防ぐこともできますが、常にそのような重装備をするのは大変です。

バルトレックスを飲んでいてこれらの症状が現れたら、薬の服用を中止して、病院で処置を受けましょう。

妊娠中の人や腎機能の弱い人はバルトレックスの服用は慎重に!

ヘルペスを治療するときのバルトレックスの用法・用量

ヘルペスや単純疱疹の治療に使用するバルトレックスは、添付文書に書かれている用法、用量を守って飲むことが重要です。

性器ヘルペス、口唇ヘルペスなら500mg錠を1回2錠、これを1日2回のペースで5日間服用します。

ヘルペスの初期症状が発生した場合は、とにかく早く飲むというのが基本中の基本です。時間が経過するほど治療に時間がかかってしまいます。

再発時は、6時間以内の服用が理想的で、遅くとも24時間以内に服用する必要があります。24時間経過後は薬の作用に期待できないので、必ず24時間以内の早い服用が不可欠です。

服用のタイミングは食後がベストで、水と一緒に飲むのがよいでしょう。バルトレックスは食事の影響をほとんど受けません。ただし、食前だと胃が荒れやすくなるので、食後が無難です。

バルトレックスは、症状が現れたり、再発の兆候が見られるときにすぐ飲むのがベストです。

小さな子どものヘルペスには、体重に合わせて服用する薬を選択します。体重が40kg以上の子どもは、大人と同じく錠剤タイプのバルトレックスを同量服用できます。

症状によって服用の回数は異なりますが、しつこく治りにくい帯状疱疹でも、1日数回の服用を10日ほど続けるだけで治療可能です。

帯状疱疹を治療するときのバルトレックスの用法・用量

バルトレックスは、治療する病気によって、用法・用量が変わります。間違った飲み方をすると、治療に失敗したり、重い副作用を受ける恐れがあるので、注意しましょう。

ここでは、帯状疱疹や水疱瘡を治療するときの、バルトレックスの用法・用量について解説していきます。

成人の帯状疱疹の治療の場合、バルトレックスを1000mg分、1日3回飲みます。バルトレックスの錠剤は1錠につき、有効成分のバラシクロビルが500mg含まれています。そのため、1回につき2錠、1日に6錠のむことになります。

成人の水疱瘡の治療の場合も用法・用量は同じです。バルトレックスを1回2錠、1日3回服用します。

子供が帯状疱疹や水疱瘡にかかった場合も、バルトレックスを1回2錠、1日3回服用します。ただし、この用法でバルトレックスを飲んでもいいのは、体重40kg以上の子供のみです。40kg未満の子供の場合、顆粒タイプが使われます。

バルトレックスは、作用の強い薬です。決められた量よりも多く飲んでしまうと、重い副作用に見舞われる恐れがあります。用法・用量を守って正しく使いましょう。

小さな子どもでも飲みやすい!顆粒タイプの用法・用量を解説

バルトレックスは、錠剤の他にも、顆粒タイプがあり、主に、小さな子どもに使われます。

顆粒タイプは、治療する病気だけでなく、患者の体重によっても飲み方が変わります。錠剤のようにひとかたまりになっていないため、量を細かく調整できるのが顆粒タイプの特長です。

体重10kg未満の子どもの場合、体重1kgあたり1回25mg、1日3回飲みます。体重が10kg以上であれば、1kgあたりに25mgを、1日2回飲みます。

成人の場合、体重に関係なく、1回500mgを1日2回です。

造血幹細胞移植の単純疱疹発症抑制の場合、体重10kg未満で1kgあたり1回25mgが1日3回、10kg以上であれば25mgを1日2回です。体重10kg以上の子どもは、造血幹細胞移植施行の7日前より、施行後35日まで服用を続けます。

成人も服用期間や回数は同じですが、1回あたりの服用量は単純疱疹と同じです。

小児の帯状疱疹の治療では、体重1kgに対して1回25mgを1日3回服用します。1日の最高用量は1000mgです。成人は1回1000mgを1日3回です。

水痘の治療は、帯状疱疹の治療と飲み方は変わりません。

性器ヘルペスの再発抑制の場合は、体重40kg以上で1回500mg、1日1回の服用が基本となります。こちらも成人は体重に関わらず、前者の治療には1回1000mgを3回、後者は500mgを1回服用します。

腎障害がある人は、投与間隔の延長や水分補給が重要なので、医師と相談しましょう。