バルトレックスの個人輸入は危険?注意点と安全なサイトを紹介

バルトレックス通販の注意点

個人輸入で購入できるバルトレックスのなかには偽物が出回っているので注意!

個人輸入で流通している薬の中には、偽造薬が紛れている可能性があります。

偽造薬には本来の有効成分が含まれていなかったり、治療に関係ない成分が含まれています。偽造薬と知らずに服用した場合、病気を治療できないどころか、重い健康被害を被る恐れがあるのです。

実際に偽造薬による被害が報告されており、実例が厚生労働省のホームページで確認できます。海外製品の偽物のダイエット薬や、ED治療費のバイアグラによる死亡事故や重い健康被害に発展するケースが続発しています。

偽造薬を購入しないようにするためには、信頼性の高い業者を選ぶことが重要です。

個人輸入とは、自分で使うことを目的に、商品を海外から輸入することですが、ほとんどの人は「個人輸入代行サイト」を利用することになるでしょう。

海外のサイトから直接商品を買おうとすると、外国語で手続きをすることになります。個人輸入代行サイトは、海外での手続きを代わりに行ってくれるサイトのことです。Amazonや楽天など、一般的な通販サイトと同じ感覚で買い物ができます。現地の言葉がわからない、ちゃんと手続きできるか不安という人は、個人輸入代行サイトを利用しましょう。

偽バルトレックスを買わされる危険アリ!怪しい通販サイトの特徴を紹介

悪質な個人輸入代行サイトには特徴があります。個人輸入代行サイトを選ぶときは、これらの特徴が該当するサイトは避けましょう。

悪質なサイトの特徴の1つは、日本語が不自然なことです。また、運営者情報や問い合わせ先がしっかりと明記されていないサイトは、悪質サイトの可能性があります。

他にも、商品の値段が相場に比べて極端に安いサイトも避けたほうがよいでしょう。

個人輸入代行サイトを利用するときは、そのサイトの口コミを事前に調べてみることをおすすめします。グーグルなどで検索して、特定サイトで購入した医薬品の健康被害が報告されていた場合は、購入を控えたほうがよいでしょう。

悪質サイトと知らず商品を注文してしまうと、商品が届かなかったり、注文したものと関係ない商品が届いたりする可能性があります。商品を配送しない理由として、取引先の海外サイトの在庫がなくなったなどといって有耶無耶にさせる可能性もあります。

個人輸入代行サイトを選ぶときは、上述の特徴を持つサイトは避け、口コミなどを参考に、信頼性の高いサイトを選びましょう。

迷ったらここ!安全性の高い通販サイトを紹介

最後に、安全性の高い個人輸入代行サイトの判断基準と、おすすめのサイトを紹介します。

見分けるポイントとして、運営者の情報がきちんと記載されているかどうかチェックしましょう。問い合わせ先がきちんと明記されていること、掲示板やSNSなどでの評価を受けていることも、重要なポイントです。

まずはアイドラッグストアーです。アイドラッグストアーは、日本の会社「オズ・インターナショナル」が運営しているサイトです。設立年月は1997年8月で、20年以上続いていることになります。

アイドラッグストアーは、店舗での販売も行っています。日本企業が運営していることも含め、他の個人輸入代行サイトよりも。運営者の情報がはっきりしています。

あんしん通販マートは香港の「Online Direct Network Limited」という会社が運営しているサイトです。会社の所在地は香港ですが、電話でのサポートも受け付けています。

オオサカ堂は19997年から続いている、老舗の個人輸入代行サイトです。香港の「Roy Union Ltd.」という会社が運営しています。個人輸入代行サイトの中でも特に有名で、多くの人に利用されています。

はじめて個人輸入をする人は、上述の3サイトのうちどれかを利用するとよいでしょう。